歯石が気になる。~初めての歯医者~ 1歳3か月

イラスト(歯ブラシ、子どもの歯みがき)

うちの子は生後4か月に下の前歯が生えてきました。

1歳3か月で、
上下前歯4本ずつ プラス 上の奥歯が左右とも半分くらい生え、
あとは、下の奥歯が歯ぐきからうっすら白く見えるくらいにスタンバイ。

歯みがきは、ちゃんとやってきたと思ってたのですが、

下の前歯の歯石っぽい汚れが気になる。。。

保健センターの歯に関する講習会などで、「下の前歯は虫歯になりにくい」という話を聞いていたので、上の前歯をきちんと磨かなければ! という意識ばかりしてしまって。

下の前歯への意識が足りなかったのかも?! と反省。

歯石なの?
それとも、虫歯になりかけてる??

心配なので、歯医者さん連れて行こう!

以前、あるイベントに参加したときに、子どもの虫歯予防について小児歯科医の先生のお話を聞く機会があり、虫歯予防の大切さを力説されていて、印象が良かったのを思い出しました。

その先生のクリニックに電話して予約することに。

電話受付の方の印象も良くて、電話した当日に快く診てくださいました。

さぁ、先生の診察です。

ギャン泣き。

そうだよね、歯医者、嫌だよね、、、ごめんよ~。

そして、歯を診てくださった結果、

「虫歯じゃなくて、歯石ですね。」

…だそうです。

ほっ。

とりあえずは、虫歯じゃなくてよかった~。

今度は、歯科衛生士さんによる、歯石除去です。

もちろん、ギャン泣きです。

子どもの緊張が少しでもほぐれるように、アンパンマンなどのアニメがみれるような診察室なんですけど、初めての歯医者に、アンパンマンは効き目ゼロ。

ごめんよ~、頑張ってー!

でも、歯科衛生士さんから意外な一言。

「歯石、ついてない方ですよ~」

えーっ!? そうなの??

そして、

「1歳3か月で歯医者に連れてきて、お母さん偉いね!」

歯がきちんと磨けていなかったのかな? という心配・反省していたのに、褒められちゃいました♪

歯科衛生士によれば、1歳半の検診で歯石がたくさん付いてることを指摘されたりして歯科に連れてくるお母さんがほとんどとか。
子どもの歯の観察がきちんとできていて、1歳半前でも、歯の心配をして歯科に連れてきたことが偉い、と褒めてくれました♪

そっかー、歯石ついていないほうだったんだ。
ちゃんと磨けてた☆

うちの子は、立ち直りが早い方なので、歯石をとり終えたら、すぐ泣き止みました。
頑張ったね!

歯科衛生士さんからのお話を、ざっくりまとめると、

『歯石がついてるところは、実は、虫歯にはなりにくい。でも、歯石=イコール=ばい菌が繁殖しやすい環境なので、歯肉炎になるリスクはある。』

『まだ1歳3か月なので歯みがきを嫌がって暴れて、お母さんが磨いてあげにくいというのは仕方のないこと。2歳くらいまでは、”食事の後は歯みがきをする”という習慣を身に着けることを目的とした歯みがきでOK。歯石はまた気になったら歯科で除去してあげてね。』

『食事生活は大事。口内環境のためにも、朝昼晩の食事以外の間食(おやつ)を何度もしないようにすることが望ましい。』

…ということでした。

素人ながらも
『食べ物をちょいちょい食べて、口内で酸が強い状態が続くのは歯には良くない』
と思っていたので、食生活の点は、私も日頃から気を付けていました。

うちの子は、離乳食を進めていくうえで、
『朝昼晩の食事をしっかり食べてもらう。3回食になったら、おやつは午後3時ごろに1度』
というように心掛けていました。

ちなみに、うちの子の場合、1歳3か月の時点でもうパイパイとはバイバイして、夜間授乳はしていません。

夜中に目が覚めて泣いてしまうこともあるけれど、夕飯ちゃんと食べているからお腹が空いているんじゃなくて、きっと甘えたいんだと思って、まずは背中をさする、トントンする。それでも眠れないときは抱っこしてあげて、再入眠できています。

このことは、歯科衛生士さんにすっごく褒められました!
えへへ♪

このタイミングで、小児歯科に行ってみて良かったと思いました。
歯のこといろいろ聞けたのもよかったですし、今後もし何か子どもの歯にトラブルがあったときに頼れる歯科を見つけることができました。かかりつけ医を見つけれることができました。

とはいっても、小児歯科にお世話にならないのが一番なので、子どもの歯を守るため、子どもの虫歯予防の習慣づけを、母としてこれからも努力したいと思います☆

でも、

歯みがき、嫌がりますよね。。。

そんな悩みに「こどもちゃれんじ」の教材が良くできてる!と思ったので紹介させてください。

ベネッセの「こどもちゃれんじ」の「1歳おたんじょうび特別号」の教材に
しまじろうの「歯みがきミラー」と、それに連動するDVDと絵本が入ってます。

歯みがきミラーは、ボタンを押すと「歯みがきしましょ~♪」という歌が鳴る仕組み。
絵本は、カバさんが歯みがきで「あー」っとお口を開け、ネコさんは「イーっ」っとお口を開ける仕掛け絵本のようになってます。
DVDは絵本の内容が、動画で収録されてます。
(毎年すこしデザインや内容が変わったりするようです)

「歯みがきするよ~」という私の声に逃げる、うちの子(笑)。
それでも、歯みがきミラーの「歯みがきしましょ~♪」の歌は気に入っていて、歌が聞こえてくると身体を揺らしてリズムに乗ってくれます♪

いざ、歯みがきが始まると泣かれてしまうけど、ミラーから流れる歌の最後に
「すごいすごい!」「きれいになったね!」 という言葉があるので、
それに合わせて私も、
「すごいすごい!」「わー、ピッカピカ!」 と大げさに褒めてあげています。

この効果あって、私が歯を磨いてあげている最中は泣いてしまうけど、
磨き終わって「すごいすごい!」と褒めた後は、自ら歯みがきを持って、ミラーを覗き込みながら歯みがきをするようになりました☆

写真(しまじろう歯みがきミラーで上手に歯みがき)

(※お子さんが歯ぶらしを一人で口に入れてるときは、お子さんが転んだりしたりした拍子に歯ブラシが口の中に刺さったりしないように、保護者の方は、すぐ近くで歯みがきの様子を見守ってあげましょうね※)

まだ届いていないけど、1歳向け「ぷち」の4月号の教材にも、歯みがきプログラムのDVDと絵本がついているようなので、楽しみです♪

資料請求は無料です。
よかったらしてみてくださいね☆
年齢別の体験教材のプレゼントがあります

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)
Adsenseレクタングル(大)
このブログで備忘録的に綴った私の記憶や経験が、どなたかのご参考になれば嬉しいです☆ SNSのシェア・いいねボタンをポチッとしていただけると、とっても励みになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)