抜き打ちで来る! 蚊の対策チェック

こんにちは 

今回は、シンガポールで初めて経験した検査の話です。

先日、こんなことがありました。

誰かが、玄関ドアをノックしている。。。

でも、1階のエントランスでカードをかざすか、インターフォンを通じて、こちらが操作して鍵をあけないと入れないシステム。
(他の来客に紛れて入っちゃってる人も見かけますけどね~)

デリバリー、
オンライン・ショッピング、、、

どちらも心当たりがない。

いったい、誰だろ?

ちょっとドキドキしながら、玄関のドア・スコープから確認。

・・・知らない中年おじさんが立ってる。

誰??

手に書類っぽいのを持ってる。
首からさげているのはIDカードっぽいな~

ちょっと開けるの躊躇したけど・・・

IDカード付けてるし、
手に持っているのは大事な書類かもしれないし。。。

何かトラブルになった時のために、
すぐ夫へ電話できるようスマホを手に・・・

覚悟を決めて、ドアを開けてみた。

ハロー・・・?

ドアを開けると、
オジサンは、英語で何か説明を始める、、、

だけど、早口なうえ、声が小さいから言っていること上手く聞きとれないし、私がリスニングできないせいで、よくわかんない~

IDをみると、どうも国の職員っぽい。

何とか聞きとったワード
『モスキート』 『チェック』

頑張って、脳みそフル回転。

蚊、、、チェック、、、

 思い出した!

たしか、賃貸の手続きでお世話になった不動屋さんが言ってたっけ。

『ベランダに水が溜まるようなバケツを置いていないか、とか、蚊が繁殖しそうな環境を作っていないか、突然、職員が来て、家の中を検査されることがありますよ』

あー、それが来たのね。
ほんとに、突然来るんだね。。。

「OK、カム・イン~」

で、そのオジサンは、まったく遠慮する様子もなく家に入ってきます(笑)

日本だったら、ありえないな~
国の職員といえども、「不法侵入」の騒ぎになるでしょう。。。

でもね、
このオジサンは、私が「どうぞ~」とか言う前に、勝手に見てまわります。

まず最初にキッチンへ行くオジサン。

シンクの様子をチェック。
下の扉も開けて見てました。

次に、リビング。
観葉植物まわりをチェック。

そして、ベランダ。
何も置いていないので、サラッと見るだけ。

最後に「コモン・バスルーム」と言われたので、ここだよ、と案内。

掃除・片付けが得意じゃない私ですが、、、

たまたま、この日はある程度きれいに片付いていたので、注意など何もなく~

無事終了!

ほっ。

お隣さんは居留守つかってました(笑)
(つい数分前にゴミ出しで見かけたし、ぜったい在宅!)

でも、職員の方は部屋のリストを持っていて、検査できるまで何度でも来るみたいですよ!

おとなりさん、その後もまた居留守を使ったらしく、、、(そんなに家の中ヤバいのかな⁉︎)
お隣さんの玄関前に来ている同じオジサンの姿を、何度も見かけたのでした。

日本には無い検査なので、ちょっとビックリな体験でした!

何の前触れもなく、
突然やってきます(>_<)

シンガポールにお住まいの方、
これからお引越し予定の方、
こまめな水回りのお掃除をオススメします にっこり顔

今回は、環境庁のデング熱対策の検査を、初めて経験したときのお話でした。

ご参考になったら嬉しいです♪

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)