思ってたんと違う。ここは中国?

こんにちは にっこり顔

シンガポールで生活が始まったわけですが、

「思ってたんと違う」。。。

それは、多くの人が中国語で話してる、っていうこと。

「ここは中国?」って思うくらいに。

スーパーへ行っても、バスや電車の中でも、とにかく中国語が聞こえてくる。

マレー語(インドネシア語?)も良く耳に入ってくる。

店員さん同士も、だいたい中国語かマレー語で会話してる。
うまい具合に2つ・3つ言語をミックスする、スゴ技も!
(さすが、多国籍な国!!)

私、英語は、日常会話ならジェスチャー使ってなんとか~
ですが、中国語はさっぱり。

だけど、店員さんが中国語で話しかけてくることがあって
「あー、中国語が分からないのね」
と気づいて英語に切り替えてくれる。

なんか、
「中国語が分かる」が前提 な気がする。

あとは、どういうわけか、
中国語で道を聞かれることが、よくある。。。

他にも沢山の人がいる中で、
「なぜ私に?」

『もはやローカルに染まってる?!』
庶民派な私は、嬉しい気持ち半分、

『私、日本人ぽくないってこと?』
ショックな気持ち半分、、、

ポジティブに「フレンドリーに見える」ってことで♪

中国語ぜんぜんわからないけれど、
「MRT」とか「バス」いうワードから、
たぶん、
「駅への道はどっち?」
とか、
「このバスは〇〇へ行くの?」
って感じなのを聞かれてるんだろうな~と。

でも、中国語で説明できないし。

「ソ〜リ〜 アイ ドン スピーク イン チャイニーズ」。

こう言っても、
そんなんお構いなし。 中国語で話し続けるんです!
「じゃ、他の人に聞くわね」って、なったことがない
困るんだけど、
なんか、
このパワーすごいな、
って、いつも感心してしまう(笑)

で、仕方なく、つたない英語とジェスチャーで答えると、
英語のリスニングならできるっぽく、
「しぇーしぇー」と言われ、会話終了なパターンです。

で、そのあと近くにいる他のローカルっぽい人に話しかけて、
中国語で「それで合ってんの?」みたい確認してる(笑)
(中国語わからないけれど、雰囲気から、そう思う)

最初から、その人に聞いてくれたらいいのにな~

過去に、旅行で訪れたことのあったシンガポール。

マーライオン、
マリーナ・ベイ・サンズ、
オーチャード通り、
動物園、
ザ・シンガポールな場所へ行きましたが、
その時は、こんな風に思わなかったんですよね。
(気にしていなかったし、気付いてなかった)

もしかしたら、
この環境は、私が郊外に住んでいるからかもしれません。。。

セントラル・エリアは、もっと英語メインな気がします。

ちょい余談になりますが、

子どもの通う学校で(意識高い系でも何でもないけれど、いろいろ悩んでインター校へ入れてみました)、クラスメイトの中国出身のお子さんが数人、ローカル校へ転校。

そのお子さんたちは、英語のサポートを受けながら在校していて、英語はそれほど上手ではないレベル。。。

中国語ができれば、英語ができなくても学校生活も勉強も困らない、
ということなのかな~

私自身、まずは英語の勉強だけれど、
シンガポールは、中国語を勉強するのにも良い環境なのかも?!
と思ったのでした。

今回は、
思ってたんと違う!・・・なお話でした。

ちなみに、この多国籍な環境、
今のところ好きです

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)