【離乳食の悩み】スプーンを嫌がる ~試したこと2つ~

イラスト(離乳食の悩みスプーン拒否食べない)

うちの子の場合、生後6か月から離乳食を始めました。

でも
「世の中に出回っている育児本・離乳食本のように、なかなか進まない!」
という、悲しい現実。。。

そして生後10か月のころ。

急に訪れました。「スプーン拒否!」

スプーンで食べるのを嫌がって、口にところに持っていっても、口を開いてくれません。

離乳食を食べてくれない。
断固、「口を開きませんっ!」 という感じ。(涙)

これって、「離乳食の中だるみ」っていうんでしょうか?!

授乳(ミルク混合)しているから、少なくとも栄養は授乳で摂れてる。

とはいえ、困りました。

・・・そして、試してみたこと、2つ。

【その1】
大人が使っているのと同じ大きいスプーンで食べさせてみる。

→ これ、少し効果ありました。
「ママ使っているのと同じスプーンだね」
って言いながら食べさせたら、スプーンに興味をもってくれて、少し食べてくれました。でも、うちの子の場合、これは数日しか効果がありませんでした。

【その2】
手づかみ食べの練習として、食パンを食べやすいようにカットしたものを用意してみる。

→ うちの子の場合、これで問題解決!
まず、自分が
「こうやって手づかみして食べてごらん? 美味しいなぁ。モグモグ。」
って目の前で食べてみせました。
すると、食パンをかじり始めました!
パン粥は食べさせたことはあっても、そのまま食パンを食事に出したことはまだなかったので、「手づかみ食べ」の練習を始める、良いきっかけにもなりました。
娘は「自分の手でつかんで食べてる!」 と嬉しそうです♪

あとは、離乳食の時間、ママがニコニコしてることって大事かな、て思って、笑顔を心掛けました。

せっかく用意したのに、食べてくれない。ほんとにガッカリですよね。
頑張って作ったものなら、なおさらです。

同じ月齢のお友達ママから、離乳食が順調に進んでいる様子を聞いて、気持ちが焦ることもありました。

でも、ママが悲しい顔だったり、しかめっ面してたら、食事への興味がますます無くなってしまうと思うから。。。
心では泣いていても、
「手間ひまかけたのに、なぜ食べない!?」と怒り心頭でも(笑)、
お顔はニコニコ♪ を心掛けました。(顔、ひきつってたかな?!笑)

食べてくれなくてガッカリな気持ちのとき、食事の妨げにならない程度に、自分が好きな曲をかけたりしたこともあります。
推しの音楽、お試しくださいね。

あとは、子どもをみながら一緒に食事するのは大変なことだけど、「共食」も大事だと思い、できる限り一緒のタイミングで私も食事をとるようにしました。

目のまえでママが美味しそうに食べている姿をみて、食事に興味を持ってくれるきっかけにもなるかなと思います。

それと、声掛け。褒めること。

たとえ、パンだけでも、
「わー! 自分でお口に持っていけたの、すごいね!」とか、
「もぐもぐ、美味しいね」とか、
声をかけるように心がけました。

離乳食の悩みは他にもあるんですが・・・、

とりあえずは、パンだけでも食べてくれるし。
なによりも、「食事が楽しい」という感じが取り戻せてホッとしました♪

「離乳食での悩みを、誰かに聞いてもらいたい!」という場合、お住まいの地域の保健所などの栄養士さんが、相談にのってくれると思います。

私も、保健センター(保健所)の乳児検診のときに会った栄養士さんに、「離乳が進まない、しかも食べてくれるものに偏りがある」と相談したことがあります。「体重が減ってるわけじゃないから、大丈夫よ」と言ってくれて、少しほっとしたことを覚えています。

「まぁ、元気だし、離乳の進みが遅いのも『個性』」って思うようになりました。

さぁ、この問題が解決したと思ったら、また問題発生!

今度は、
「食パンにハマってしまう、パンしか食べない」という悩みです。

次回の投稿(こちらの続き)はこちら
↑よかったらクリックしてご覧くださいね。

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)
Adsenseレクタングル(大)
このブログで備忘録的に綴った私の記憶や経験が、どなたかのご参考になれば嬉しいです☆ SNSのシェア・いいねボタンをポチッとしていただけると、とっても励みになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsenseレクタングル(大)